夜勤の人員体制

kaigo01_lナースとして働くには、なんとしても夜勤を乗り切っていくという必要性があります。その夜勤を乗り切っていくということなのですが、非常に難しい部分にもなります。夜勤で体調を崩してしまう方も多いです。結果的に夜勤ができなくなってしまうナースの方もいるほどです。ですので、夜勤というものが比較的軽いような職場を探していくことが転職や就職をする時に必要になります。その夜勤の負担軽減ですが、夜勤の人員体制とナース転職の特徴を確認していくといいです。夜勤の人員体制とナース転職の特徴といわれるものにつきましては、夜勤の人員体制は各医療機関によりましてかなり異なることが報告されているのです。法律で決められている人数は守られているのですが、その中にもかなりの差があるというわけです。法律で守られている夜勤の人員体制なのですが、患者さん何人に一人の割合でナースを配置するのかということです。医療法によると、15人に1人、13人に1人、10人に1人、7人に1人となっています。15人に1人が最も大変で、7人に1人が最も楽になるということは簡単に予想できます。ナース転職の特徴として考えるべきなのが、ナースの離職率です。ナースの離職率は、上記の夜勤の人員体制にかなり密接に結びついていることが証明されています。実際に、7人に1人の体制の医療機関の離職率が割合として最も低いのです。いい体制であるとも言えます。そういった基準で経営している医療機関への転職を望んでいくべきです。

Comments are closed.